croque-madame,roque-monsieur

クロックマダム(フランス語:croque-madame)は、フランスのバー、カフェなどで軽食として提供されるトーストの一種。クロックムッシュのバリエーションの一つ。パンにハムとチーズをはさみ、バターを塗ったフライパンで焼いたクロックムッシュの上面に目玉焼きを盛り付けたものである。

クロックムッシュは焼きあがりにベシャメルソースやモルネーソースなどをかけたり、またソースをかけてからグラタンにして食べることも多いが[クロックマダムではソースをかけることは稀である

 

クロックムッシュ(フランス語: croque-monsieur)は、フランスを発祥の地とするトーストの一種である。

名前は「かりっとした紳士」という意味で、由来は定かではないが、一説には食べるときに音がして上品ではないので男性専用[1]とされたという。1910年にはパリのカフェのメニューに掲載されていた。

 

ウィキペディアより